声を出す練習

練習していくときの注意点とは

歌を歌うときには、のどから声を出さないように注意する必要があります。ボイストレーニングでレッスンを受けるときにも、そういったことを学ぶはずですので、どうやったらのどに負担をかけなくていいのかを考えることが大切になってきます。腹式呼吸をマスターすることで、のどに負担をかけることが少なくなってきます。また、何を目指してボイストレーニングをするのかということを考えるのも重要です。趣味なら趣味でいいのですが、何かモチベーションアップになることを考えておくと、練習のときにも役立つかもしれません。プロを目指しているならば、オーディションなどを受けるときもあるでしょう。そういった情報もしっかりとキャッチしていくように気を付けましょう。

練習するときには音をよく聞く

ピアノがあるならば、自宅でボイストレーニングの練習をするときもピアノを使っていきましょう。ピアノを使ったり、歌の練習をしたりするときには、周囲に迷惑にならない時間に行うように心がけておいた方がいいです。防音室であっても、音漏れがすることもありますので、そのあたりも考えて練習していくことになります。音程が不安定ならば、ピアノの音をよく聴いて練習していくことが大切です。自分が出している音は、どうなのかをよく聴いて、ピアノの音よりも低いか高いかを聴いていきましょう。発声練習するときにも、ピアノの音をよく聴いて、ただ声を出しているだけといったことにならないようにする必要があります。ボイストレーニングを受けていても、なかなか成長を実感できないこともありますが、時には我慢して練習していくことも大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加